「ダイナミックモーションアシスト」とは

確率共鳴を利用した運動です。

負荷をかけて効果をだすという、宇宙飛行の技術から生まれた非侵襲的テラピーであり、加速ベッドやタップマスターなどの抗重力器械を使用して行う運動である。

ダイナミック運動テラピー中
ダイナミック運動テラピー中

「タップマスター」や「加速ベッド」など動く受動的器械を使用して、その効果を科学的分野に応用し、人間の回復や免疫向上に結び付ける運動処方を言う。

骨や細胞は振動の周波数(大きい物から小さい物)を上手に利用している。

ダイナミックモーションテラピーはスキーやスノボ、ウォーキング・ゴルフなど地面からの振動を器械で作りだし、その振動を得る事で細胞を豊かにする。薬以上のテラピーを実現できる。

「氣」energy・power「血管クレンジング」

死因の3分の1は血管や血液の障害が原因で亡くなっている方がいるという。 脳梗塞・心筋梗塞などの血管が詰まって障害を起こす病気や血管がもろくなって裂けてしまって起こる出血なども入れると相当な方、しかも若いのに、とか突然死の人などが最近多くみられる。 これは食生活の乱れや運動不足による血管の老朽化だと医学などは言っているが、簡単に予防できたり修復する事ができる。それが血管クレンジングである。

拍動進行波を使って、自己組織化により体調を整えます!

詰まった血管
詰まった血管

血液が古くなったり、老廃物が溜った血管状態の血管は錆びた水道管のよにボロボロになっている。その水道管を掃除する手法と同じような物理的作用をしてやればよいのである。 それは何か、。。。。。「SHAKING」である。要するに〝揺さぶり”だ! 身体を揺さぶり、振ってやれば血管の中の血液も動き、自分の血液で血管をクレンジングしてくれる。

生身の人間をシェイクしろというのではないが、ゆったりとした振動でシェイクすれば血管内皮細胞を刺激して汚れも剥がれるというものだ。

また、一酸化窒素は空気中には4秒ほどしか滞在せず、液体にした一酸化窒素液に骨を入れると、たちまち骨を溶かすというほど溶解性の強い物質である。

 

血管やリンパ管に沿う方向で拍動を起こす進行波を利用します。

身体を振る叩く事で血管の汚れや老廃物をクレンジングするというアイデアは、今までにない単純な発想であるが、科学的にも根拠有る事だ。 また、血管の内皮細胞の配列は普通血液が流れる方向に細胞自身が整列して並んでいる。それの逆に応力を加えると、内皮細胞にストレスが生じ一酸化窒素が発生し、血管にも弾力性ができるいう科学的証明もなされている。

加速ベッドの効用
加速ベッドの効用

揺り籠効果

揺りかご
揺りかご

電車に乗った時、誰もが経験する事でもあるし、また赤ちゃんを揺すったら眠ってしまうという事はどこの国でも一緒ですが、「揺さぶり」が人間を安らかにするという事はみんなが知っている事。 ただ、何故眠くなるのか、どうしてかは理解されていないのではないか? これは、揺さぶりによる血液が揺れて、血管内皮を刺激し一酸化窒素ができる話しなのである。 自分の血液で自分の血管を刺激し、一酸化窒素ができる事で血管拡張が起こり、自律神経も副交感神経が優位になって眠るのである。

これを「揺り籠効果」といえば、一般の方も理解できるのではないだろうか!? また、土砂を篩で支別けしたり、八百屋さんがキュウリを揉んで整えたりするのも、揺すって細胞を均一にする仕草であるし、なにより科学の実験やバイオなどでも器械で揺るSHAKERなどが一般に利用されている。 「揺りかご効果」とは、細胞を整えたり粒子にエネルギーを与えたりする仕草で、どんな状況でも粒子が存在している場合に働く力なのである。  赤ちゃんに限らず、大人でも人間が何気なく揺すっている周期は体内での心拍数と同じ心拍数で、快い周波数なのである。(細胞が揺れる周期としては2秒)

では、それは何なのか!!

「フレミングの法則」である。法則とは、何故か理由がわからないが、磁界と電界・力の変化はどんな場合でも影響して起こる現象なのである。 

 

MRI(電磁気測定器)から出た人が調子が良いというのは、電磁誘導によりエネルギーを得たからです。

フレミングの法則
フレミングの法則

磁界と電気と力の三要素は物理の法則と呼ばれ、全ての状況で生じる原理原則だ。 つまり、地球上に存在する全ての物にはこの原理が通用しているので、人間とて地磁気、力の2要素が整えば電気も生まれ、また生体エネルギーを持っている人間が動けば磁気も発生し、いわゆる「氣」と言う事が感じられるのだ。 

「氣」は電磁誘導で、人間のフレミングの法則下で起こる!現象だ!

今まで誰もその正体を解明できていなかった「氣」「QUI」などの事象は、地磁気下の環境と、生体電流と動く力である。 エネルギーとは「氣」をいうのであって、フレミングの法則と呼ばれる物理現象だった。

今まで誰もその正体を解明できていなかった「氣」「QUI」などの事象は、地磁気下の環境と、生体電流と動く力である。 エネルギーとは「氣」をいうのであって、フレミングの法則と呼ばれる物理現象だった。

バイオレオロジー的な観点から「揺さぶりケア」「タップマスター」を見ると、明らかに誘電泳動のために進行波が発生し、ヘモレオロジーと言われる血管やリンパ管など、ありとあらゆる管に自然な律動振動波が影響する。 だから、クレンジングで自己組織化もおこる。

様々な商品
様々な商品
ダウンロード
神経細胞が正弦波に同期.jpg
JPEGファイル 551.2 KB

人体を「整える」万物共通の原理、自己組織化を利用

ダウンロード
NHK教育TV「SUPER PRESENTATION」より
ミナ・ベッセルさんが提唱する「癌細胞が微小環境の変化でREVERT(回復)する様子の抜粋」
細胞が「揺さぶりケア」で整うという事は、このように細胞がリバートする可能性を示唆している。
実際に、私の近辺で癌の方が回復されたという報告があった。
「揺さぶりケア」の効果.mp4
MP4動画/オーディオファイル 11.0 MB