微振動トレーニングは規則正しい動きにのみよって起こる。

それは宇宙旅行研究から始まった。

NASAとソ連邦宇宙航空局が数十年前にしのぎを削って、開発してきた成果がある。 それは、宇宙滞在期間の違いだ! NASAはせいぜい200日しか飛行士を滞在できなかったが、ソ連は300日以上も滞在させる事ができた。 この滞在させられるトレーニングが「ナノ振動トレーニング」である。ソ連が崩壊し、ロシアとなった今、米国科学者が改めて無重力でのトレーニングを見直し、効果的な体側へ添った前進波によるトレーニングで効果を出しています。

バイオメカニクスによる考察・メカニカルストレス・シアストレス

例えばシアストレス応用は、動きを利用して初期段階の床ずれの解消を図る事など。床ずれの初期段階では、皮膚の圧迫により血液の流れが滞り、阻血状態になっていますが、患部に適度な動きを与えることにより、皮膚の血液の流れを促進させ、血液と組織間の栄養分の吸収や老廃物の排出を促すことができて、床ずれの解消や進行を止めることができます。
  健康な人を対象にした実験では、動きを下腿部最長径部位によく当たるような位置でベッドとマットレスの間に挟み動かさせた場合、踵部の血流が促進されたことを確認しました。これは動きが下肢の筋肉あるいは皮膚を刺激したことで軸索反射あるいは血管内皮細胞へのシアストレス効果により血流が改善したものと考えられました。
 垂直動が身体に対して与える影響については、従来から悪影響をおよぼすものとして「レイノー現象」がよく知られていますが、本開発では、この傷害となる条件を避けて、血流改善に効果のある垂直動条件を明らかにしました。
 健康な成人の下腿部における実験により、連続動、振幅変調、バーストなどの各種動波形から、頭部へ動きが伝達した場合でも患者に不快に感じない周波数の範囲で血流がもっとも改善できる動き条件を探しました。(科学技術振興機構報 第367号)

生化学動と細胞の関係は調べられており、科学によって検証され、リズムとの関係も述べられています。

Dynamic Motion Assist(DMA)