音楽運動療法などに使用されているトランポリンやバランスボールの要素を一台の器械に設定し、TAPで揺さぶります。

「揺さぶりケア」®とは「タップマスター」という加振装置でTAP(リズミカルに叩くタッッピング技術)し、自己組織化と呼ばれる振動化学反応を利用し、生物や人体のDNAや生命の根幹を創り治す方法である。(生物自然発生説にもつながる)

揺さぶりケア商標
揺さぶりケア商標
音楽運動療法トランポリン
音楽運動療法トランポリン
音楽運動療法(バランスボール
音楽運動療法(バランスボール

音楽運動療法というのがあって、トランポリンやバランスボールで「揺すって」音楽を聴かせる方法があります。 これは非常に効果ありますが、介助する方にとっては大変な事で、しかも場所をとります。
「揺さぶりケア」™はこれらのエッセンスをコンパクトな器械に収納し、更に音波というハイテクで身体の中に「エネルギー」を入れる事ができます。

愛媛県で開催された「理学療法士大会」「ふくし用具フェア」にて「揺さぶりケア」™をエミちゃんが体験されました。 次第に笑み(^O^)を浮かべて喜んでくれました。
その他にも様々な方が体験されています。

(車椅子ごと揺する事もできます。)但し、これにはノウハウが必要です。

「揺さぶりケア」
「揺さぶりケア」
様々な体位で
様々な体位で

「揺さぶりケア」™=DMA指導員養成講座について

社団法人日本イージーエクササイズトレーナーズ協会JEETA設立

「揺さぶりケア」™についてその歴史から、メンテまでを講習いたします。
詳しくは、問い合わせください。

台湾教本
台湾教本

器材や指導員講習についてはお問い合わせください。

携帯09031785356

m_yamanaka1225@yahoo.co.jp