人間は植物としての副交感神経・動くという交感神経の最高傑作だが、、、。

昔々の大昔、人類は車という器具を発明し物を運ぶ手段として発達した。そして、それが移動手段に使えるという事になって車が出来上がった。

車から船・飛行機・そして宇宙船へと発達するなかで、人類の常に望んでいた事は「横着」・ぐうたら気質で何もしない事であった。それが間違いの元であるが、文明は横着をして如何に動かないようにするかを工夫した。

健康法もぐうたら健康法が本来人間が持っている気質であろう。

近い将来、人間は何もせずとも運動効果が得られるプログラムを探すであろう。そのひとつが「揺さぶりケア」™であり、「INVERSION」™であり「WBPA」である。

今からは「動かなくても」=「運動効果」があるシステムの運動機器が必要

その原点は拍動だ!

「宇宙へ行くための研究」は重力Gの研究だった。 無重力=0は寝る事と一緒だから、筋肉を造る為には立位=重力1。立位で筋肉を付ける為には1G以上の加速度で空方向へ反作用1Gを与えなければならない。 

気圧の薄い所(高所)は重力も薄く、したがって筋トレも1G以下でもできる。 筋肉つくりと、血管クレンジングの両方ができるのは、「健康揺すり」だ。しかも、一酸化窒素生成できるので効果的。

こんな器材を手にして「気圧」で血を造り、「INVERSION」で血を回し、「加速ベッド」で血管クレンジングすれば、またTappingで骨芽細胞を刺激し、骨の生育をすればスロージョギングなどで言われている微細骨折により骨の形成に役立つ運動療法の効果が期待できる。

SKIは高所の揺さぶりだ
SKIは高所の揺さぶりだ

「揺さぶりケア」としての運動はSKIが一番一般的だ。

SKIは一番、全身垂直運動(WBV)に近い!

運動としては自分から積極的に滑らない場合、SKIは受動的で重力を利用した「健康揺すり」運動療法である。 しかも、標高の高い所から一気に滑り降りるとATPが発生し、標高差からも血管に良い。 また、雪面の凹凸がWBV(全身垂直運動)=揺さぶりケアで、骨・筋肉も付け易いのだ。 標高差を利用でき、力を入れないSKIは受動運動の最たるもので、高齢者にはもってこいの運動である。また、他のアクティブ運動と違って、自分の気ままに滑る事ができる。スポーツとは競技するのであるが、SKIはほとんどの人がスポーツでは無い。理にかなった自然利用の運動としてSKIは評価されるべきである。

Whole body tapping は血液を刺激し、生体エネルギーを出します。

ダウンロード
タップマスターによるトーラス(生体エネルギー)俗称オーラ、、、氣発生のシュミ
タップスキッパー.wmv
Windows Media ビデオフォーマット 9.7 MB
正常なトーラス(氣)
正常なトーラス(氣)
弱まったトーラス(氣)
弱まったトーラス(氣)
ダウンロード
トーラス構造が基本となっている
映画THRIVEの解説レア
Spirit Science 21 ~ Toroidal Flow - YouT
Windows Media ビデオフォーマット 62.6 MB

振動と言う言葉で全てが同じと日本人は解釈していますが、振動には様々な種類が有ります。 私の振動は「トトノエル」振動で、多くの振動は「混ぜる・撹拌」です。その例としては削岩機振動はやりすぎると血管を壊す! 私の振動は創る振動です。

ダウンロード
ブルブルマシンの様子
いわゆるブルブルの感じは、こうゆうイメージ
ブルブルマシン.gif
GIFファイル 52.3 KB

生物は元来、重力(垂直)方向には常に被しているので、垂直方法の振動にはストレスになりにくい、むしろ適切な振動であると成長するのですが、多方向振動はベクトルがまばらであり、強度が強いと壊す削岩機のような振動となってストレスになります。

ダウンロード
「タップマスター」の様子
垂直正弦波で綺麗な揺さぶりは脳まで届きます。
タップマスター.gif
GIFファイル 19.5 KB

電磁誘導とか、電磁流体力学の作用で脳をはじめとする身体に「電磁波」(太陽光-テラヘルツ波-生育光線-ホルミシス-遠赤外線などの良いと呼ばれる正弦波)を送り込み、シューマン波と言われる「癒しの振動」が発生すれば、地球や宇宙の揺らぎと共振されるので、エネルギー(氣)(オーラ)(プラナ)の効果が出てくる。 その効果は自己組織化(粒揃え)作用を引き起こし、細胞の中にある素粒子を整える。これが、周波数7.6Hzを中心としたアルファー波やシーター波となって身体を巡る。

生物が「寝る」のは、電磁エネルギーレベルを地球の周波数に同期させチャージするからである。

磁界・電界・ローレンツ力が要素であるので、世の中に出回っている「付ける健康具」「稀土類石」「セラピスト」「ヒーリング」などは全てが、この理論を用いると説明できます。「ネズミにオペラを聞かせたら長生きした」 igu-ノーベル賞の日本人も「音楽療法」も「揺さぶりケア」の理屈で説明がつくのです。

例えば、磁気をイメージすると下記のようです。これと同じように電界も+と-に整える「自己組織化」

ダウンロード
細胞が不揃え状態
一般のブルブルマシンで揺すっても、正弦波で無いので「整いません」。血行が良くなるだけです。(イメージ)
3WAY.jpg
JPEGファイル 14.2 KB
ダウンロード
バラバラのまま
ブルブルマシンで揺さぶっても「整い」が弱い(イメージ)
3方向.jpg
JPEGファイル 14.9 KB
ダウンロード
「タップマスター」で揃える(イメージ)
「揺さぶりケア」で粒揃えすると、「整います」
粒揃え後.jpg
JPEGファイル 16.5 KB
ダウンロード
「ブルブルマシン」との違い
ブルブルマシンとの違いです
タップと他の違い.wmv
Windows Media ビデオフォーマット 34.7 MB
ダウンロード
粒揃え#2
タップマスターと他のマシンとの違い(イメージ)
粒そろえ#2.wmv
Windows Media ビデオフォーマット 48.8 MB