WBPA(全身周期的加速度運動)装置

米国で研究された他動的運動器具

Whole Body Periodic Acceleration=加速ベッド

「寝たまま!!!」で運動できる装置について

加速ベッドは細胞にエネルギー(力)を与える!

全身加速度的運動でPOWERを与える!

「揺りかご」や「シーソー」「SHAKE」といった揺さぶる物なら何でもWBPAができる。但し、その速度やperiodic(範疇)は目的によって異なるので、そこが肝心である。

「加速ベッド」とは目的別に揺する時間や速度、範疇を設定されたベッドであるが、子供をあやしたり、泣きやませたりするに、そもそもが自然に揺すると良い事が知られていたので、揺する方法が人間でなく、機械で揺すっているだけだ。

NO(一酸化窒素)が血流を良くする!!!

揺すりで血管を拡張させて、血流やリンパなどの体液を循環させる方法として近年注目されている方法を研究し、実践しています。

INVERSIONが縦の揺さぶりに対して、WBPAは水平に揺さぶる方法です。この方法は理論からすると体力が無い方や、病的に寝たきり状態になった方に適しています。ウォーターベッド方式とは違って、一定のスピードや方向を決めるので血管のズリ応力によって血管内皮細胞が刺激され、一酸化窒素シンターゼeNOSが放出されます。これにより血管拡張され、血流が良くなり、健康になるという事です。WBV(全身振動)というのもありますが、これはいわゆるマッサージで、血流を良くしますが、WBPAとは少し違った物です。またマッサージは局所の血流は良くなりますが、全身にはさほど影響しません。ましろEMSなどと言って筋肉を付けるのにWBVは適しています。

 

振動と健康
振動と健康

VIBRATIONは受動的運動の中心になる要素です。 刺激の中でも振動は

重要なしかも簡単にできる物です。他の刺激とは光・交流磁気・電子・熱・音などいわゆる五感を揺さぶれば良いのです。

気功というのがあるが、これの代表的な動作にも身体全体を揺さぶる振動功というのがあって、「氣」=エネルギーを身体に入れて出している。 昔、オウム真理教でも教祖が座って身体を揺すって空中遊泳するようなシーンを見たが、身体方向に揺すればNOが発生し、血流も良くなってパワーが出るというわけである。 気功や振動が如何に大切かは、分子が揺れているのと同じで、振動こそエネルギー(氣)であると言って良いのではないか!

振動とは、波動であり「氣」であり、エネルギーの源である。 

細胞にエネルギーを入れる事ができるのが、磁気や電子で揺さぶる事であり得るし、物理的に力を加えて揺さぶる方法(WBV・WBPA)など、また光や音声なども細胞を振動させエネルギーを与えるので、有効である。 良くオルゴール療法とかも人体に好影響をあたえている。少しオーバーに言うと、精神修行・宗教や言葉、人の熱波も振動=エネルギー波動であり、身体にエネルギーを与えてくれるので、人類にとっては有効な物である。

「加速ベッド」と呼ばれる人体の縦に長い振動

血管掃除と言える画像です。(水道管を掃除するのと同じように推測できます)

水道管を掃除する方法の例
水道管を掃除する方法の例

注*実際の血管の中には空気は入っていないが、シュミレーターでは中のせん断ズリ応力が解り易くするために空気入りペットボトルを使用している。 また、水道管掃除のイメージ図も泡で表現している。

パワープラント
パワープラント

横方向に揺する、西式健康法のベッドというのがあるが、このベッドは人体に対し、横に揺さぶるのでペットボトル内の液体には波や泡が起たない。つまり、運動効果はあるが、血管掃除機能はWBPAと比較し、小さいといえる。なぜか!!それは人体の大きな血管は縦軸に走っているからである。しかし、これも日本人が発明した素晴らしい非侵略的健康法である。また、西式ベッドは昔から反重力作用を利用し、足を上にしたゴキブリ体操なども加味した器械を製作していた。

一方、大阪大などで研究されているパワープラント運動療法はもっとも加速ベッド運動に近く、効果もある。横軸への運動効果と、垂直方向での脚の動きは筋肉が強化される。

(パワープラントはふくらはぎの強化、腰の揺れは脊椎の矯正に効果有るすぐれもの) 画像はパワープラント

交流磁気
交流磁気

有名なのは「交流磁気ベッド」だ!

これは磁気が交互に変わる事で、交番磁気ベッドとも言われ岩盤浴などから出る波動に近い綺麗な磁界が血流を促進している。私は電磁誘導理論で健康法を研究していますが、電気や磁気などを与えるという行為、また気圧でも酸素カプセルのように酸素を与えるという行為はしない。

何故か!?与える事はリスクが伴う。減する事は誰でもできる。

眠るということが如何に大切か!

yurikago
yurikago

眠ると言えば、ほとんど全ての生物が眠りによって活力を取り戻している。加速ベッドは生物の基本である睡眠をサポートしており、90%以上の人がスピード調整で眠る事が出来る、魔法の揺れと揺さぶりをコントロールしています。

NOが血管に発生することで血管拡張し、血管周りの副交感神経が優位になります。 それでほとんどの場合は「快眠」するのです。

「揺りかご」から「墓場まで」とはよく言ったものである。子供の頃、子供が泣きやむ方法として抱いて揺するとスヤスヤと寝る事は、皆承知の事である。 揺する=振動=SHAKING=波動=氣=エネルギーで生命には宇宙や素粒子レベルまでがつながったエネルギーを持っているのだ! ただし、まだ脳が固まっていない乳児の場合は「揺さぶられ症候群」には十分気をつける事。また、自動車で揺さぶられた状態で寝せる事も、注意が必要だ。

色々な揺する事ができるベッド

各種のベッド 

(振動は固有の分子に共鳴する。)

電子レンジは水の分子に共鳴する周波数を持っている。電子レンジの仕組みを理解していただきたい。 電子が水を振るわせ、摩擦で熱が出るのが仕組みである。 これと同じように、ある固有の振幅の波は固有の分子や物を共鳴・共振させる。 音叉と言うのをご存じであろう。 離れていても片方の音叉を響かせると、もう一つの音叉が鳴ってくる。これを共鳴・共振という。 揺する事は共振・共鳴を与える(エネルギーチャージ)事なのだ。

世の中には見えないからそれを精神的に扱う事で宗教や精神論に結びつけ、反社会的行為をしている族を見かけるが、そんな人達は結構この原理を使って驚きを与えていたりする。

加速ベッドを追求していたら、日常行われている様々の現象が「アーそうだったのか」と面白いようにわかって解説できる。 例えば貧乏揺すりの揺する速度は加速ベッドでちょうどリラックスする速度と似ているし、乾布摩擦のゴシゴシの速度も、「痛いの痛いの飛んで行け!」の速度も、寒くて身体を擦る速度も、「大丈夫か!大丈夫か!」と病人を揺する速度も、またダンスやディスコ音楽の乗りの良いリズム速度も皆、血管を刺激し一酸化窒素ができやすい加速ベッドの揺すりの速度と似ている。 これは万物、とりわけ液体が重力との関係で波打つ波動のリズムと同じで、人間は自然にその速度を利用して血流を良くしているのではないかと考えられる。 私が尊敬してやまない磁気棒を使った自律神経免疫療法での磁気棒の押しあてリズムや、爪揉みで有名な気圧トレーニングを取り上げていただいている福田稔医師の刺絡療法という施術リズムも、「加速ベッド」のリズムに酷似しており、血液が動きやすい最適なスピードでの加速法であると考えられる。 また、受ける人間も心地よいスピードとして感じるのではないかと思う。

その最適加速スピードとは、、、、、、、!!!

面白い事だ。 気功の振動功もミキサー車の掻き混ぜスピードも一緒

 ヒーリングセラピスト等の方も、マッサージ師の方が揉むスピードも、必ず自然に合ったスピードで血液が動く最適スピードになっているのだ。

オウムの浅原彰晃の画像も人々が揺れ動くスピードも、加速ベッドのスピードで動いており、暗に健康=揺れる事であった。

 この揺れのオオモトは液体(密度)と重力のバランスでズリ応力である。

 

 こんな原理原則があったので、そのスピードを少し早くしてやると、物質にエネルギーを与える事になるのである。

「加速ベッド」の効果を追求すれば、今後人類に与える影響は計り知れない程有るように感じる。

実は「気功」の「氣」も動きであるのだ。

揺さぶりで「氣」を出す
揺さぶりで「氣」を出す