About US

山中雅寛  & family FROM HIROSHIMA 三次市出身                

 

出身地:広鳥県三次市

現住所:東京江東区

好きなこと:

スキー、キャンプ、仕事、旅行、生物、インラインスケート、音楽

好きな言業:

熱意が全てを解決する

自称:マッサン

 

*弊社は有限会社ヤマナカのHPでもあります。

*「健康空間」®はネットワークスジャパンの商標登録です。

*「気圧トレーニング」®は商標です。

*「INVERSION/インバージョン」は商標です。 

「免疫整体」®は商標です。

*「揺さぶりケア」は商標登録されました。

*「パワースリープ」は国際商標登録済です。  

*厚生労働省:酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者

*厚生労働省:高度管理医療器具等販売賃貸管理者

*私のしていることはローレンツ力を中心にした運動・音響効果の追求です。

「タップマスター」®は商標です。

 

 

 

広島県三次市の中央病院へ父親(故:山中豊彦)が入院した時にも、脳梗塞のリハビリで研究に協力してくれました。 2017年6月現在、三次中央病院のリハビリ室にてタップマスターの効果のチャレンジをしていただいております。 リハ室ではタップマスター各種が置いてあり、理学療法の先生方が微振動を利用したリハビリをされています。また、野球の長嶋氏がリハビリ利用した初台リハビリ病院でも脳梗塞後の患者様が治験協力していただき、貴重なデータをとりました。このデータを基に音楽運動療法(野田燎大阪芸術大学教授)の技術と(後藤幸生福井大学医学部名誉教授)のMcT療法(ミュージックケアタッピング)をブラッシュアップしてタップマスターDuoを製作しました。これによりIotによるAI化に至るまでの特許を申請しております。

郷里の市立三次中央病院ではタップマスターによる認知症予防や不穏症の改善効果が発表され、リハビリに使用されています。

日本トレーニング科学会 会員

http://trainings.jp/

 

日本健康促進未病改善医学会員

http://www.nots.gr.jp

気圧や体液をコントロールすることは、加圧トレーニングと同じく、有る意味危険な事でもあります。  しかるに、安全性を重視!  管理・監督しなければなりません。

誰でもが宇宙の恩恵を受けるように、教育された指導者をつくる為に「気圧トレーニング」「INVERSION」「拍動トレーニング」「RHYTHMIC TAPPING」を開発、さらに自然の方法を利用した健康法をご案内します。

 また、人間工学に基づいた力学、物理学など自然の法則が人類にどうなのか、血液と自律神経の関係などを詳細に解説した「福田-安保」理論にのっとって身体のしくみを勉強しなくては、生体の気圧、免疫、血液との関係も語れません。

ご賛同される方はどうぞ遠慮なくお申し付けください。

 

 

 

ダウンロード
SPORTEC2013
TVにて取材された様子
SPORTEC2013映像 (2) (1) (1).wmv
Windows Media ビデオフォーマット 26.4 MB

日本での「揺さぶりケア」WBV・微量鉛直パルスリズム振動トレーニング・WBPA(全身加速運動)を推進する使命を持っています。それと共に、下記命題「人類に至る物質と精神」の秩序ある自己組織化する法則(清く・正しく・美しい)成長する万物の理研究に使命感を持っております。

人類の進化には 「万物の理」が作用しています。 それは、物(物質)は素粒子から原子・分子を経て宇宙に至る自己組織化=カタチ化(コンストラクタル)とZero ポイント=空から発せられる対峙する反物=意識(精神)的な物が関わっていると考えています。 生物の進化は地球のミネラルにあると言うYoutbe 映像があります。 https://www.youtube.com/watch?v=xyhZcEY5PCQ&t=15s   物質が出来る原子レベルでの紹介をしていますので、正しいと思っています。そして、此れに至るまでは素粒子論やその前の量子重力論までに至る。Zero point fieldから出るニュートリノを中心にした物質の世界は、水やケイ酸の結合によって、次第にミネラルを取り込んで、この映像のような進化をする。それを自己組織化と言う。そこには「動き=熱力学で言う」コンサトラクタル作用が働き、重力下の基でシューマン波を中心に微細表面(マイクロチューブル)での自然に自己組織化される。 これが現在までにつながる「カタチ=物質」の形成過程であろうと考えています。 素粒子レベルでは陰と陽、プラスとマイナスの対称性があって、物質の反対は意識という「精神」的な物が対峙されてあって、ミネラル(鉱物)段階でも微細な意識は存在していると考える。何も意識は生物だけでは無く、電子の作り出す量子コンピュータ的な現象で我々の脳は思考しているのだ。 脳の中の半導体や最近の量子コンピュータはシリコーンが作用している半導体である。つまり、意識は素粒子レベルでのキラル対称の物だと考える。 そのせいで多様性ダイバーシティができるのですが、基本はカタチとしての性質は真・善・美というプラトンが考えたと言われる自然の法則です。  日本の石田静子女史が発想から同時に千々松健氏が唱える白銀比・黄金比などの数理幾何学的な検討をみても、素粒子から反物質としてのダークマターに地球のシューマン波という微細な整える低周波数での重力振動が影響して「綺麗である」という意識が生まれていると思います。