いわゆる、水素風呂の事です。

水素は活性酸素を除去します。

風呂に入る習慣は日本独特の文化であるが、そこには理由があった!

 逆に代替医療が盛んな、西洋や中国などは「足湯」「SPA」として入浴とsuisoの抗酸化作用を享受している。 足湯でも十分その効果を出せるのだ!

 

その効果とは、、、、、、、、

抗酸化と血流にあります。

分子状水素は電子が単独で効いている状態で、抗酸化作用(還元)がある水になっている。 昔から言われるルルトやフンザなどの奇跡の水はこうした電子が多い水であると、九州大学白畑博士は言っている。 分子状水素とか還元水素とか、活性水素とか呼ばれている。

私が「水素の達人」と言っているお方は、広島県医工連携プロジェクトでお世話になった、大手上場会社の開発部長が推奨する「水素風呂」は温めながら表皮からナノ状態の水素が体内を通過して、錆びた身体の悪玉活性酸素を還元し、水となって体外へデトックス(排出)されます。