タップ(かかと落とし運動)は骨芽細胞を刺激して、骨の強度を増します。重力に反した律動で坑重力筋を刺激すると、オステオカルシンと呼ばれるタンパク質ができるとわかってきました。 このオステオカルシンにより、身体の免疫や細胞の正常化、老化などのスピードが抑制され、若がえり効果もあるとガッテンで放映されました。 オステオカルシンを作れるのは、縄跳び運動や踵落とし、ガツンと衝撃を与えるタップマスター、トントンと叩く事です。